~タマテバコ~

碧依です☆昼間はお仕事、夕方からはお母さん、丑三つ時に起き出して雑貨創作をしております。現在「渋谷 月箱」にて作品を出展中☆

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2011*05*11 Wed
04:11

母の日 2011

5月8日、母の日。
早いもので母になって早9年。
けれど、特に感慨深い想いは無かったものの、仕事を始めてからは産婦人科ということもあり、毎日「母」になった方々を見てきたわけで。

ステイ中のゲストには、この日を想い出深いものにしていただきたい、と思い毎年イベントプレゼントを考えてきたのですが、今年からはその作業から解放され、さて、どうしようか、、、と。

自分の母にはまだ何もしていないのですが(ごめんなさい!ボーナスが出たら必ず!)、私の「東京の母」、Sちゃん(当クリニックのキッチンスタッフ)には、小さな観葉植物をプレゼントしました。

そりゃあもう、とっても喜んでくれて、他のスタッフに「見て!あおいさんにもらったの!」と見せて歩く姿が可愛らしく、こちらも嬉しくなりました。

いつもありがとう。いつまでも元気でね。

で、我が家の母の日。

仕事を終え家に帰ると、二人の子供達が手ぐすね引いて待ち構えており。
「かあちゃん、ちょっと来て!」と子供部屋に呼ばれ。
近くのスーパーで買った花束とお手紙をくれました。
長男ちょぼは、まだひらがなが全部書けないのですが、「頑張って全部自分で書いたんだよ!」と姉きここ。
そこには「いつまでもいっしょにいようね」と、まるで恋文のような内容が(笑)

…たまに思うのですが。
この子は前世では私の恋人だったのではないかと。
男の子はみんなそうかもしれませんが、熱烈なラブコールを仕掛けてくるのです。
またね、かわいいんだ、これが^^

で、きここ。
こちらの手紙には「いつもおいしいご飯をありがとう。これからもおいしいご飯を作ってね」と。
…食べる事メインかい!!
ま、何かと母への手紙を書かせると、彼女はいつもこうなのですが。ここ数年。


いつまで、こうやってお手紙を書いてくれるのかな~。

内容や品物はどうであれ、大事なのは気持ちよね。

ありがとう。
あなたたちのかあちゃんで、よかった。

これからも、よろしくね。
スポンサーサイト
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


プロフィール

☆碧依☆

Author:☆碧依☆
新潟県出身、東京都在住
臨床工学技士、アロマアドバイザー、メディカルハーブコーディネーター、リフレクソロジスト、ハンドリフレクソロジスト、紅茶コーディネーターの資格、認定を持つも、ひとつも生かせず現在産婦人科でお仕事をしています^^;
人を癒すお仕事をしたいなぁ。あったかいサロンを開く事が目標です☆日々精進!日々学び!の精神で頑張ります!!

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。