~タマテバコ~

碧依です☆昼間はお仕事、夕方からはお母さん、丑三つ時に起き出して雑貨創作をしております。現在「渋谷 月箱」にて作品を出展中☆

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2011*07*20 Wed
10:27

訳あり女が家を買う Vol.4

という訳で、曖昧な気持ちで内覧したものの、今ではすっかり家購入モードに突入した私。

不動産屋さんも銀行を幾つか電話であたってくれて、どうやらローンも組めそう。
という事で、先日見に行った築20年の物件にリフォーム業者さんを連れ、伺った。

おばあさんが今日もニコニコと出迎えてくれ、業者さんはあちこち採寸したり、扉を開けたり…
仕方ない事とはいえ、何だか申し訳ない。まだ、生活しているのに。

古い造りの家なので、出入り口が175㎝と低い場所が数か所あり、これじゃ主人が頭をぶつけてしまうので、と高さを変えてもらったり、壁紙も張り替え、お風呂もユニットバスを入れてもらい、2階部分にミニキッチンがあったので、それも外してもらって…とかなりの大改造。
「まあ、300万…くらいでしょうか」と業者さん。
ん~~~結構かかるなぁ。

一週間くらいで見積もりが出るとの事で、結果を待つ事に。
お宅の前で別れた。

すると不動産屋さん、「近くでうちの物件ではないんですが、新しく中古物件が出たので、見に行ってみましょう」と。

ここで決めようかな、と思っていたのでまあ見てみるだけ、と思い行ってみた。

場所はすぐ近く、同じ町内。
見てビックリした。
すごく立派だし、キレイ!
外観の雰囲気もカラーも好み!

まだお住まいのようで、家財道具がそのまま残っていたが、キレイに整頓され掃除も行き届いている。
半年前に増築、リフォームされたとの事でLDK、キッチンがもの凄く広い!

「キレイですね!布団さえ持ってくれば、そのまま住めちゃうんじゃない?」
と不動産屋さんがいうくらい、申し分のないお宅だった。

…ここがいい!この家に住みたい!!

あいにく、翌日にもうひと組内覧希望者がいらっしゃるとの事。

「今、購入申し込みをすると碧依さんが一番最初の交渉権を持つことができます。明日内覧する方より先に申し込んでおかないと。あれほどの物件はそうそう出ないですよ。」
確かに。しかし、金額が予算をオーバーしている…

「売主さんは急いで売りたいみたいなので、すぐに結果を出せば値段は交渉できますよ。」
と不動産屋さんに言われ、”不動産購入申込書”というものにサインして購入の交渉を依頼することにした。

家、買おっかな♪と思い立ってからまだ2、3週間しか経ってないのに。
もう決めようとしている私。ダイジョウブ???
スポンサーサイト
*

2011*07*08 Fri
05:23

訳あり女が家を買う Vol.3

意を決して不動産屋さんに電話をするも、残念な結果になってしまったのですがここの営業さん、とても熱心で「この物件、見てみませんか?」と。
ん~~~…と渋っている私に「まあ、見てみないとなにも始まりませんから!今、まだお住まいなので、これからアポとりますので!」と電話を切り、折り返しの返事を待つ事20分…

「大丈夫です!明日行きましょう!」と連絡が入り、曖昧な気持ちのまま内覧をすることに。

翌日、待ち合わせ場所に向かうと、50代の男性の姿が。
電話口の声が昔務めていた会社の事務長さんに似ていたので、その姿を想像していたけど、似てなかった^^;

で、車に乗り移動。

我が家からすぐ近く、細く急な坂道を登った先にそのお宅はありました。
落ち着いた佇まい。庭には大きな木があり古いけれどしっかりとしたお家でした。

お住まいなのは老夫婦。
娘さんご家族と同居されていたそうですが、マンションにお引っ越しされ、ご夫婦では広すぎて住みきれない、娘さんご家族の近くにマンションを購入して引っ越したいので、家を売却したいとの事でした。

築20年、古いけれどリフォームすれば見違えますよ、と言われ。
確かに庭も素敵だし、娘の友人宅も近いし。いいかも。

次に、不動産屋さんに「ついでですから」と紹介された物件。

こちらも自宅近く。今度は細い坂道を下った谷間のお宅。

もう空き家になっている物件でしたが、比較的新しく、外観もお洒落。
けれど、中を見ると家財道具が未だ残されており、壁にも穴が空いていたりと荒れ放題…

いろいろ事情があるようで、値段も高め。ちょっと購入は難しそう。

さらに新築で買い手がついたものの、審査が通らず昨日出たばかりの物件を、と紹介されそちらも内覧へ。

安いし、やっぱり新築はキレイ!
しかも、平坦な土地で道路に面していて日当たりも良好。
が、しかし、駅まで徒歩は困難で学校も遠く…
こちらも難しいかなぁ。

結局、最初に見た中古物件を購入する方向で検討。

購入するにあたり、一番大事なのはローンを組めるか、という事。
年収の部分ではクリア。けれど、私の場合主人も住宅ローンを組んでいて、私一人の収入で支払っていかなければならない。

このような経緯になったいきさつをお話しすると、「まあ、年収がこれだけありますし。大丈夫でしょう。銀行さんに相談してみますから」との事でした。

「じゃあ、今度、リフォーム会社を呼んで、どれくらい費用がかかるか計算してもらいましょう」と。

なんか、見に行くだけ、のつもりが急に話が進んじゃった気がする…
大丈夫か、私… *
プロフィール

☆碧依☆

Author:☆碧依☆
新潟県出身、東京都在住
臨床工学技士、アロマアドバイザー、メディカルハーブコーディネーター、リフレクソロジスト、ハンドリフレクソロジスト、紅茶コーディネーターの資格、認定を持つも、ひとつも生かせず現在産婦人科でお仕事をしています^^;
人を癒すお仕事をしたいなぁ。あったかいサロンを開く事が目標です☆日々精進!日々学び!の精神で頑張ります!!

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。