FC2ブログ

~タマテバコ~

碧依です☆昼間はお仕事、夕方からはお母さん、丑三つ時に起き出して雑貨創作をしております。現在「渋谷 月箱」にて作品を出展中☆

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2011*06*14 Tue
03:16

訳あり女が家を買うVol.2

さて。
軽い気持ちで不動産屋の門をくぐり、大ヤケドをしてしまった私。
けど、めげないもんね!

とりあえず、顔の見えないインターネットでまずは物件探しをしてみよう、とひたすら探すこと数日。
同時に自分の年収だとどれくらいの借入れができるのか、今の家賃より安い返済だといくらくらいの借入れが限度なのか、保険は?固定資産税は??

もう、解らないことだらけ。

まあ、とりあえず、大体の金額のメドを立て、子供の学区内の物件を探すことに。
いろいろ検索していると、それなりに物件数は出ているものの、条件に合った物件というのはやはり難しい。
・予算  ・学区  ・駅から徒歩圏内 ・年内中に引っ越し の条件は絶対に外せない。

う~~~ん…
マンション?土地を買って建てる?新築一戸建て?中古一戸建て?

先々の事も考えねば。
将来子供が巣立って行った後、恐らく私達夫婦は別々な人生を歩むであろう。
主人は今自分がローンを払っている(両親が住んでいる)自分の家に戻る。
私は今のまま、賃貸で家賃を払い続けていても、何も残らない。行く所もあてもない。
となると、やはりその時に資産としてある程度価値のあるものでないと、意味がない。

マンションは建物が古くなってしまえば、価値が大きく下がってしまう。

新築一戸建。
例えば2000万円の物件を買ったとすると建物代1200万、土地代800万位の割合だろう。子供達の巣立つ十数年間で建物代プラス利子を払い終えていなけば、いざ将来「独り身だからもっと手狭な所に引っ越そう」と思って売却しようとした時、土地代分の値段しかつかず、借金を抱えることになる。

となると、やはり中古一戸建。
中古なら、建物の価値はすでに下がっているはずだし、リフォームしてしまえばキレイになるし。
今からなら、更新までに間に合うし。

と、中古一戸建てに絞って検索してみると、とあるサイトにたくさん載ってる!

しかも、今住んでる場所に近い物件が複数ある!

思い切ってその物件情報の記載のある「A住宅」さんへ電話をしてみる事に。
物件番号を複数メモし、とりあえずまだ売れていないか、場所がどの辺りかを伺ってみた。

電話をかけ、折り返しの返事を待つ事数十分…

残念ながら、1件を残し他は売れてしまっていた。
その1件は他の不動産屋さんでも紹介してもらっていた物件。

あ~~あ。残念…
スポンサーサイト
*

2011*06*11 Sat
10:01

訳あり女が家を買うVol.1

私、35歳、家族4人で駅徒歩10分の賃貸テラスハウスに住む事早3年半。
事情があり、家賃は私が全額負担、今年末に更新も控え、この不景気でボーナスも減る中、家賃2か月分の更新料の捻出に頭をかかえていたところ、ふと、広告のチラシに「中古一戸建て 2000万」「月々59000円台」の文字が。

今の家賃より安い!しかも、小学校の学区も変わらないし。
主人は別で住宅ローンを組んでおり、私一人の収入でローンを組まなければならないのだが。
…これなら買えるかも!と思い立ち、不動産屋へ行ってみる事に。

どんな物件なのか、どの辺りなのか、他に同じような物件があったら、と見にいくだけの軽い気持ちで不動産屋の扉をくぐり、〇〇地区の棚を物色していると、女性店員が声をかけてきた。

店員「何かお探しでしょうか?」
私 「広告で見た〇〇駅徒歩15分の2000万円の物件を見に来たんですけど…」

すると、すぐさま、男性の営業の方が現れ、名刺を差し出しテーブル席へ案内された。
いや、ちょっと場所がどの辺りか知りたかっただけなんだけど…

しかし、どんどん話は進む。

アンケートと称し、大きな用紙に住所、氏名などを書き。
「年収は?」「ご予算は?」「自己資金は?」などなど、かなりプライベートな部分まで聞きだされ。
いや、ちょっとどんな物件があるか知りたかっただけなんだけど…

予算、年収の部分はさておき、自己資金、と聞かれた時には少々青ざめた。
…だって、お金ないんだもん。
更新料に困ってるくらいだから、そりゃないに決まってるじゃん(泣)

営業「自己資金は…」
私 「ないです」
営業「エー…あの、住宅を購入する際、いろいろ手数料などがかかるんですね。ですので、いくらかご用意がないと…」
私「あ~~そうですか…」
営業「…50万位…」
私 「あ~そうですね…」

と、適当に曖昧に50万位ある風な返事をしてしまった。

もう電車の時間がない、と適当な物件を幾つか紹介してもらい、店を出た。

んんん~~~
やっぱり難しいのかなぁ。 *
プロフィール

☆碧依☆

Author:☆碧依☆
新潟県出身、東京都在住
臨床工学技士、アロマアドバイザー、メディカルハーブコーディネーター、リフレクソロジスト、ハンドリフレクソロジスト、紅茶コーディネーターの資格、認定を持つも、ひとつも生かせず現在産婦人科でお仕事をしています^^;
人を癒すお仕事をしたいなぁ。あったかいサロンを開く事が目標です☆日々精進!日々学び!の精神で頑張ります!!

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。