~タマテバコ~

碧依です☆昼間はお仕事、夕方からはお母さん、丑三つ時に起き出して雑貨創作をしております。現在「渋谷 月箱」にて作品を出展中☆

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2011*04*29 Fri
04:12

ビストロ でるぴっぽさん

お世話になっているレンタルボックスのお店「月箱」さんのブログにあった、「ビストロ でるぴっぽ」さんへ行ってみました。
オープンがなんとあの震災のあった日という、何とも不運なこのお店。
何とか頑張ってほしい!と復興支援のような気持ちでランチを食べにいきました。

ドアを開けると階段があり、2階、3階が店舗。2階はカウンター席ですが、おひとり様だったにも関わらず、空いているので、と3階のテーブル席へ案内してくださいました。

上がってびっくり!すごくカワイイの!
天井が低く、窓も低めの位置にあり、まるで秘密の屋根裏部屋のよう!


F1080527_convert_20110412055934.jpg

お料理もカワイイ!
前菜6種から3種を選べ、パン、パスタも付いて1,000円でお釣りがくるというこの安さ!
特にイチゴ風味の野菜のマリネはほんのりピンク色に染まった野菜がキレイ!
お味は酸味が強いので好みが分かれると思いますが、私は好き。

F1080529_convert_20110429033953.jpg

食事が終わる頃、「お時間があれば、コーヒーいかがですか?」とシェフ。
お言葉に甘え、ゆっくりコーヒーをいただいて。
本当に贅沢なひとときでした。

食べる事が大好きなきここと、いつかゆっくり食事に来たいです。
カワイイお部屋でキレイなお料理。ニコニコするんだろうなぁ。

それまで、「がんばれ!でるぴっぽ!」「がんばれ!日本!」


スポンサーサイト
*

2011*04*29 Fri
03:28

嵐の終息…?

新一年生ちょぼのインフルエンザも一週間の欠席で何とか回復。(感染源の特定も…)
出遅れてしまったながらも、頑張って学校に通う彼にさらに追い打ちが!

ひどい下痢…。ロタウィルスに感染。
さらに、それが長女きここにもうつり、こちらは腹痛、嘔吐。同時に主人も熱発。
このロタ騒動の前に風邪(インフルだったかも)で寝込んでようやく回復した私にも、今、ウィルスの魔の手が><
気持ち悪くて眠れません。で、久々にパソコンの前に。
もう、バタバタでパソコン開く余裕もなかった…

いいのか悪いのか。
しかし、最後の感染者である私が回復すれば、もうさすがにこの騒動も終わるでしょ。
さすがにもう終息してくれっ(泣)

連休だったのにな~何にも出来なかったよ…
*

2011*04*18 Mon
01:51

入学早々…

長男ちょぼが、インフルエンザになりました…
え、今?このタイミングで??

てな訳で先週一週間は丸々学校をお休みしました。
出だしの大事な一週間を!

彼が休んでいる間に、お勉強は始まったし、給食だって始まって。
これでつまづいて、学校に行き渋る、なんて事にならなければいいけど…と心配です。

ちょぼを小児科に連れて行った帰り道、今年卒園した保育園の桜が見えました。
柵の外にいたのに、風に乗って花びらもすぐ足元まで。

熱があったちょぼですが、その花びらを丁寧に集めて「母ちゃんの花壇に持っていく」と。
一緒に花びらを集め、途中他のお宅の桜も見物して自転車で帰宅しました。

そういえば、昨年か一昨年も確か桜の咲く頃に具合が悪くなったっけ。

季節の変わり目ですからね。仕方ないです。


早く北の大地も。花でいっぱいになりますように。





*

2011*04*09 Sat
03:18

入学式・初登校

先日、長男ちょぼの入学式がありました。
早いものでもう一年生。
何だかいつまでも甘えん坊で赤ちゃんっ気が抜けないのに、もう一年生…
長女の時とは違う不安を抱きつつ、小学校へ。

もう、家での準備の段階からすでに娘の時とは全く異なり、「こんな服(スーツ)着たくない」「行きたくない」等々…ランドセルを担ぎ家から出たものの、背負っていたランドセルを手に持ったりグダグダになりながら歩いたり。
やっと学校に着き、門の前で写真を撮るも無表情…長女はニコニコだったのに。

校庭で始業式を終え待っていた長女と合流し学校に入り、上級生に案内されるまま、彼一人教室へ。
体育館で式の始まるのを待っていました。

いよいよ新一年生入場。

ちょこちょこと男女手を繋ぎ入場してきた彼ら。
ちっさいなー!かわいい!

ちょぼも、見知らぬ女の子と手を繋ぎ入場。
おっ!表情も穏やか!よかったよかった。

式も恙無く終り、各教室へ。
運よく、一番仲良しだったお友達と一緒のクラス。で、後ろの席には同じ保育園の男の子が。
よかったよかった。

が、もう落ち着きがないったら!
知ってる子が後ろなだけに、チョロチョロ後ろを見てはちょっかいを出す始末。
帰りは荷物が重く、校庭でべそをかき、写真も撮れず。
大丈夫か!?もう先が思いやられます(泣)


翌日。
初登校。
普段は先に仕事に出てしまうのですが、たまたまお休みだったので送りだす事ができました。
長女のお友達がいつものように迎えにきてくれて、いざ!
玄関でモタモタとランドセルを背負い、靴を履き。
「いってらっしゃい!」と声をかけると「…いってきます」と消え入りそうな声。
何度もタッチをして、でも目を合わせず視線はうつむき、口は半開き…
彼の不安な時の表情。大丈夫か??
姉とその友人にクスクス笑われながら、家を出ました。

しばらくこっそりと後を付け、見送って。
でもちゃんと歩いて行きました。やれやれ。

その日はお弁当を持たせ学童へ寄り、帰りは長女と一緒に帰宅予定。
4時半に長女へお迎えに行くようお願いし、まあ5時頃帰ってくるだろう、と家で待っていた。
が、帰ってこない…どうした??
5時半近くなり、さすがに様子を見にいこうかとしていた時、やっと帰宅。

笑顔で「ただいま!」を期待していたのに、ふくれっ面。
「途中でへそ曲げたの」と長女。ん?なんで?
と、帰るなり水筒のお茶を飲み干し、のどが渇いていた、だって。

彼の小学校生活は笑顔なし、愚痴だらけでスタート。
無事に(最後は)笑顔で卒業できますように…




*

2011*04*03 Sun
07:19

ふたばのことり

今は小さなふたばだけれど
今は小さなことりだけれど

いつかきれいなお花が咲いて
いつか翼も大きくなって

高く高く飛び立てる

希望をもって みんなの心 つながっているよ

         被災地のこどもたちへ

F1080512.jpg

レンタルボックスのショップ「月箱」さんへ、メッセージと共にこの「ふたばのことり」を出品してきました。
我が家で育てたひまわりの種、あさがおの種を一緒に付けて。
「早く被災地にもたくさんの花が咲きますように」という想いを込めて。
翌日、早速一つ、ご購入いただけました。

子供達は何もかも、わからないまま地震に襲われ、津波に襲われ
怖かったでしょう…
不安だったでしょう…

中にはお父さん、お母さんに未だ逢えない子供達もいます。

でも、忘れないでほしい
今、生きているという事は、生かされているんだという事を

何かを成し遂げるために

それは私も含め、みんなそう。

子供たちへ
あなたたちを想っているよ 忘れない 見捨てたりなんてしない 
いつか光が射して、あなたたちを照らしてくれる

だから、大丈夫 ゆっくりおやすみ 
自分の翼で飛び立てるその日がくるまで


復興に向けて、国内外から様々な手が差し伸べられています。
私には本当にちっぽけな事しかできないけれど、何かしたいという気持ちは持ち続けていたいです。

twitterで紹介されていた、You Tube [Pray for japan]地震で生まれた心に残るつぶやき[be strong]
を観ました。

自分が日本という国に生まれたこと、日本人であることが誇らしく、そして勇気と希望の沸く動画です。

最後に救出されたおじいさんの言葉「また、再建しましょう!」が、何とも力強く、そして希望に満ちて。
そう、私たち日本人なら出来る!
そう思える動画でした。

何だか、励まされた。本当は逆の立場なのに…

いつかお役に立てるようアンテナを張り、自分のコンディションも整え、日々精進していきたいと思います。
いつか恩返しができますように…


*
プロフィール

☆碧依☆

Author:☆碧依☆
新潟県出身、東京都在住
臨床工学技士、アロマアドバイザー、メディカルハーブコーディネーター、リフレクソロジスト、ハンドリフレクソロジスト、紅茶コーディネーターの資格、認定を持つも、ひとつも生かせず現在産婦人科でお仕事をしています^^;
人を癒すお仕事をしたいなぁ。あったかいサロンを開く事が目標です☆日々精進!日々学び!の精神で頑張ります!!

最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。